HOME   >  商品   >  エディブルフラワー

エディブルフラワー

食べられるお花とは

Edible(食べられる)flower(花)のことで、ヨーロッパでも数百年前から、食卓の飾りだけでなく食用に使われてきました。

1980年代に日本にも広まり、サラダやゼリー、紅茶等の一般家庭料理に使われることが多くなりました。
「花を食べる」なんて、あまり馴染みのないことと思われるかもしれませんが、皆さんの食卓に登場しているカリフラワーやミョウガも、花。
西洋では食用花のことを、「エディブルフラワー」と呼び、料理の彩りや香りづけに利用するのはもちろん、ビタミンなども豊富とあって、野菜や果物と同じ感覚で食べられていると言います。
見るだけでなく、食べものとしての可能性もまだまだ広がりそうな、花の世界。花たっぷりの食卓で、春の訪れを感じてみませんか?
Q.
どんな花でも食べられるの?

花屋などで売られている観賞用の花は、農薬や、鮮度を保つための薬剤が使われているため食べられません。食べるために栽培・販売されている花を購入してください。自分で育てる場合は、エディブルフラワー専用の種、あるいは花のついていない苗を購入し、無農薬、または低農薬で育てること。また、花に毒性があり、食べると危険な花もあるので注意が必要です。

※食べられない花の一例:キキョウ、スイセン、彼岸花、クリスマスローズ、シャクナゲ、クレマチス、アジサイなど。
           引用:農林水産省  特集2食材まるかじり 花を食べる

エディブルフラワーをご希望の方は、
こちらのページからお求め下さい。

ナスタチューム
トレニア
ボリジー
ホウセンカ
お問い合わせ